打楽器を無理なく叩くには体のストレッチが重要!

スポンサードリンク


打楽器を叩くときに十分な準備運動やストレッチをせずに演奏している事って多くありませんか?

ストレッチなんてしなくても大丈夫!

なんて思っていると後で痛い目にあいます。

ストレッチって何するの?

ストレッチといっても全身まんべんなく行う必要はありません。もちろんできた方がいいですが、部活の合間などではなかなかストレッチの時間を作るのは大変ですよね?

なので一番よく使う上半身(指、手首、腕、肩、背中)をストレッチしていきましょう!

なんで打楽器でストレッチをやる必要があるのか

例えば寝起きでいきなり全力疾走したらものすごく疲れますよね?というよりもそもそも全力で走れないと思います。

楽器を叩くときも同じで、ストレッチによって体に「これから動かすよ〜」と合図を送ります。

それから基礎練習や楽曲の練習に入っていくのですが、その合図をせずにいきなり動かしたら体もびっくりします。なので本来叩けるはずの譜面が叩けなかったり、余分な力が入ってしまったりします。
それだけならいいのですが、無理に叩こうとすると怪我の原因にもなります。
恐ろしいのが「腱鞘炎」最悪1ヶ月以上スティックを持つことすらできない状態になったり
もしますので、安全に演奏をする上でもストレッチは大切な練習の一部だと思ってください。

簡単なストレッチのやり方

まずは指のストレッチ

手でグーパーグーパーと10回ほど繰り返しましょう。

次に手首のストレッチ

あまり伸ばしすぎるとかえって痛めてしまうので、手首をぐるぐる回す程度にしましょう。
これも10回程度です。

次に腕のストレッチ

片方の腕をピンと伸ばして、もう片方の腕で抱え込むような感じです。
腕の外側がグーッと伸びてきます。片腕5秒程度です。

肩と背中のストレッチ

両腕を真横90度に広げて、息を吸いながらそのまま頭の上まで持っていきます。
そこで両手を合わせて3秒キープ
そのあとに息を吐きながら腕を広げたままゆっくり下ろしていきます。
これを3回
これだけでかなり体の動かし方が変わってきます。

安全のためにもストレッチを

たかがストレッチ、されどストレッチ。

自分に体をウォーミングアップすることで、安全に無理なく演奏することができます。
体に負荷がかからなけれな普段の練習効率もグンと上がり、結果上達にもつながります。
ぜひ練習の前にストレッチを取り入れてみてはいかがでしょうか?

○この記事の作者○

MusicSalon音雫〜おとしずく〜
music school音と樹-オトトキ-
LiMiC sound create 代表 宮田大輔
ミッチー先生

S__34406412.jpg

LiMiC sound create 代表
東京ミュージック&メディアアーツ尚美 専門学校
管弦打楽器学科 卒業
同校の音楽総合アカデミー学科 修了
公益財団法人さいたま市文化振興事業団
SaCLaアーツ登録講師
公益財団法人音楽文化創造
生涯学習音楽指導員ライセンス取得

クラシックパーカッションを松倉利之.日比一宏の両氏に、 ドラムを大井澄東氏に師事。 ラテンパーカッションを増田博之氏、 吹奏楽指導法を佐藤正人氏、 指揮法を広瀬隼人氏から学ぶ。 吹奏楽部や鼓笛隊、地域楽団でのレッスンを 学生時代から行い演奏家ではなく ”教える専門”音楽講師として活動を行う。 音楽ワークショップの定期開催や講師人材育成、 イベント企画、地域活性化を数多く行う。

Twitter

youtubeチャンネル: ミッチー先生

1回計75分マンツーマンのオーダーメイドレッスン

毎回レッスンの時間・曜日が選べる

「独自のカウンセリングシステム」で
音楽の悩みや不安を徹底解決!

様々なノウハウを持った経験豊富で一流の
「プロ音楽講師」による分かりやすく楽しいレッスン!

各コース

サックス/トランペット/ギター/ベース/ピアノ・キーボード/
ドラム/カホン/ボイストレーニング/ウクレレ/沖縄三線

開校場所:関東100箇所以上の教室数!
【東京】池袋/新宿/渋谷〜
【埼玉】大宮/川越 〜
【神奈川】横浜/川崎〜
【千葉】千葉/柏〜

姉妹店
MusicSalon音雫〜おとしずく〜
【埼玉】大宮

体験レッスン受付中!

コメントを残す